クリエイター発掘支援プログラム、再始動クリエイター発掘支援プログラム、再始動

PlayStation®C.A.M.P!PlayStation®C.A.M.P!

始まりは「ゲームやろうぜ!」でした

今から約13年前の1995年夏、弊社で「ゲームやろうぜ!」という名のクリエイターオーディションを開催しました。斬新なアイデアを持った優秀なクリエイターを発掘し、ゲーム制作に必要な環境を支援・提供することで、全く新しいゲームソフトを発売することが目的の一大オーディション。「ゲームやろうぜ!」は、これまで1995年~1999年の間、計8回にわたって開催し、多数の応募のなかから厳選な審査のもと、優秀なクリエイターを輩出することに成功しました。彼らが手掛けたゲームソフトのラインナップの中には、ひょっとすると貴方がプレイしたことがある作品があるかもしれません。

2008年版新オーディション「PlayStation®C.A.M.P!」発足

そして2008年現在、「プレイステーション・ポータブル」と「プレイステーション 3」の高まる普及率に伴い、“ゲーム”という既成概念にとらわれない価値が求められるようになってきました。そこで重要なのが、Mash Up(才能の融合)から生み出される、今までにはなかった斬新なアイデアの創造。その役割を担う次世代のクリエイターを発掘・育成するため、このたび「ゲームやろうぜ!」から「PlayStation®C.A.M.P!(=Creator Audition Mash up Project)」と名称を変更し、再びオーディションを開催する運びとなりました。

インターネットの普及や家庭用ゲーム機の技術改革に伴い、ゲームを始めデジタルコンテンツは世界中の人たちとリアルタイムで楽しめるようになりました。大勢のプレイヤーと情報を交換・共有することで生まれる新たなフィールドで、制作者サイドはいったい何をすべきなのか? そして、家庭用ゲーム機が普及して数十年のうちに確立された“ゲームの常識”を打ち崩し、新たなコンテンツを生み出すにはどうすれば良いのか? その答えを探求するのが「PlayStation®C.A.M.P!」であり、次世代のクリエイターとなる皆様だと考えています。

もちろん、ゲームなどのコンテンツ制作は1人では行えません。自由な発想を持ったクリエイターたちが意見を出し合い、互いに刺激を受けることで新たなアイデアが生まれます。そのためにはゲームに対する“興味”は重要な要素となりますが、あらゆるジャンルのエンターテインメントにも関心を抱く幅広い視野がなければMash Upは成しえません。言い方を変えるなら、ゲームの枠を超えた奇抜なアイデアが、次世代のデジタルコンテンツを切り開く最大のキーポイントになるかもしれないのです。

才能あるクリエイターを発掘・育成すると同時に、まったく新しいコンテンツの制作を目的とする「PlayStation®C.A.M.P!」。無限に広がる貴方の才能がきっかけで、先達が作りあげてきた名作を超えるコンテンツが誕生するかもしれません。また、今まで見たことのないような新しいコンテンツやサービスが生まれるかもしれません。

コンテンツに触れる楽しさから作る楽しさへ―。どんな小さなアイデアでも結構です。内に秘めた貴方の“理想”を、新たな仲間たちと力を合わせて“現実”にしてみませんか? そして世界中の人たちに、貴方が考案したフィールドで思いっきり楽しんでもらいましょう!

△ページトップへ